新しい葬儀のスタイル~家族葬について

最近「就活」ならぬ、「終活」が年配層の間で流行しています。これは自分が亡くなったあとの葬儀やお墓の準備を自分自身で行うことで、子供のいない夫婦や身寄りのない方がこうした活動を行うことです。

時代と共に、死に方についての考え方は変わっていきますが、特にここ数年はいわゆる「葬儀関連業界」の競争激化もあり、ビジネスライクに死に際をとらえる傾向があります。葬儀会社に生前から積み立てたり、会員となるなど、昔ではありえなかったことかもしれません。そのようなスタイルの変化のなかで、葬儀規模も縮小化しており、家族のみで葬儀を執り行う「家族葬」が人気となっています。

家族に範囲が限られるため、気遣いなく葬儀ができるというメリットがあります。いわゆる香典返しなどの必要もないため、準備もかなり最小限にすることができます。また葬儀会場も自宅などで執り行うことも可能なため、会場確保の必要も少なく、また会場費用もかからない場合も多いため、葬儀費用を安くすることができます。もちろん必要最小限の僧侶手配や火葬費用は含まれています。

千葉ホストクラブ 美遊GROUP(ビユウグループ) | ホスト求人 店舗情報 ニュース『メンズナックルホスト』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です