家族葬をして良かったです

家族が亡くなった時、家族葬をしたものです。葬式において、あまり親しくない親族が来た際に、色々な噂話をされてしまい、子供に悪影響があるかと思いましたので、ひっそりと家族葬を行ないました。村社会時代から、個人社会となりつつある現代、家族葬を行う事は決して珍しくはなくなり、普通の事となりました。

家族葬は時間的にもゆっくりとでき、費用的にも安値で行なえ、良い事ばかりでした。子供も知らない親戚ばかりが訪れる葬式よりも、こうして少人数で行なう葬式の方が安心できたのではないでしょうか。見栄を張るためのお花も不要、ただ亡骸を焼くだけ、そんなシンプルなお葬式でしたが、現代的であり私は家族葬がすっかり気に入ってしまいました。

家族の女性陣も、化粧すらせずに素のままで葬式に参加でき、化粧が崩れる事も無く、見栄を張ることも無く、そのままの自分で家族にお別れをする事ができました。こういった小規模、個人的、低予算のサービスが日本において台頭してきてると感じています。他人との関係を遮断するわけではありませんが、葬式という行事だからこそ静寂に行ないたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です