家族葬の是非について

現在家族葬というのが流行っています。というより葬儀の主流になっていますね。昔は盛大に行い、親族だけでなく、お世話になった方や、地域の役員の方、本人や子供の会社関係の方などが参列したものです。現在ではより簡略化したというか、当日の会場の手配や厄落とし、香典返しの手間が面倒になったためか、出席する範囲を限定し、なるべく参列してもらわないようになっています。

家族葬といってもいろいろあり、本当に家族だけというのは少ないのではないでしょうか。多いのは家族と近い親族、それに少数の友人で行うものです。参列者がズラーと何列かに並んで焼香をするのでなく、狭い会館でも座ってお経を聞けるのも魅力の一つです。

このような家族葬が流行ってきたのはここ10年以内ぐらいではないでしょうか。確かに残された家族の身になって考えればこの世の中大した関係もないのに葬式に参列されただけでお返しの面倒まで考えないといけないのですから大変だと思います。葬儀屋にもよりますが、安い所を選べば数十万の費用で済ませられるのも魅力の一つです。費用の面や手間の面から家族葬が流行ってきたのも無理ないと思います。

世田谷区 岩盤浴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です