相対的に考えることも必要

葬儀を行う時に、これくらいの値段で出来ますよという感じで家族葬の宣伝を行っている業者もいます。確かに値段が安いのはわかりますが、本当に安い値段で葬儀が行えるのかは微妙です。これには香典というものが関係してきます。通常の葬儀であれば香典を支払いに充てることが可能となる一方で、家族葬では香典を貰うことができない可能性が高く、支払いは直接的なものが多くなります。

香典を支払いに充てることによって、意外と葬儀費用が安くなったということはよくあります。また多くの方が故人との別れを惜しんでくれるという点でも、通常の葬儀はメリットを多く持っているのです。家族葬は家族だけで別れが行えるという点では魅力的なのですが、費用面で本当に安いのかがまだ分かっておらず、場合によっては高くなってしまったこともあり得るのです。

家族だけでなくなった方への別れをしたいというのであれば、家族葬を利用するのがいいと思います。単純に費用を抑えたいという場合はちょっと考えなおしてください。それだけの理由で家族葬をするのはお薦めできません。故人の意向であれば仕方ないことですが、それ以外なら費用面でよく考えるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です