葬儀で感じた違和感

仕事関係の方の葬儀に参列したことが、何回かあるんですが、故人が要職に就いておられた方であればあるほど、参列される方の数が多く、葬儀そのものの規模も大きいという傾向があるように思います。

中には故人が勤めておられた会社が葬儀を仕切っている場合もあるのですが、正直、違和感を感じずにはいられませんでした。本来、家族の死というものはごくごく私的なものであり、ビジネス色が垣間見える場であってはならない、というのが私の考えです。ひとりの人間の人生を考えた時に、仕事というものは決して切り離せるものではありませんが、それが全面に出てしまうのはいかがなものかと。

まして、その場で名刺交換を始める参列者を見てしまうと、非常に残念な気持ちになってしまいます。私の父が亡くなった時もそのような考えの持ち主で、ごくごく近親者のみの家族葬という形で執り行いました。必要以上にまわりに気を遣うこともなく、おだやかに執り行うことができました。なので私はまだしばらく先の話にはなるかと思いますが、私も家族葬というかたちで人生の幕を下ろしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です