家族葬のしくみ、そのメリットとは

家族や親戚など、自分にとって大切な人が失くなった時というのはとても悲しく、故人のことを思い出しては泣いたり後悔をしたりと、非常に辛い時間が続きます。とはいえ、お葬式のために慌ただしく準備をしたり、したくなくても外出や人と会話をしなければならないのがこれまでの通例でした。しかしながら、最近では故人を思う時間を大切にしたい、親しかった人たちだけでその悲しみを共有する時間を持ちたいと思う人が増え、家族葬という選択をする人が増えています。

家族葬は文字通り家族だけで行う葬式のことで、従来のように大きな会場を借りたり、故人の友人などに連絡などはせず、小規模な会場や故人が住んでいたい家などで執り行われます。葬儀に見知らぬ人が来れば気遣いをしたり、悲しみに浸っている余裕はないものです。ですが家族であれば思い出話に花を咲かせたり、互いに励まし合うこともできます。

形式に拘らず、故人のことや周囲の人間の気持ちを重んじることができるのは家族葬が持つ最大の魅力と言えます。人の心、気持ちを最も重要だと思うのであれば、こうした選択はむしろ自然なことだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です