家族葬とはどんな葬儀なのか

家族葬を選択する人が増えていますが、まだまだ多くの人には知られていません。家族葬とはどんな葬儀なのでしょうか。



家族葬は参列者を近親者のみに限定した葬儀です。密葬と混同されることがありますが、密葬は公開しない葬儀のことで、近親者のみで葬儀や火葬をすることです。密葬は家族葬の中の一つのバリエーションと考えるとわかりやすいでしょう。

家族葬の流れは一般的な葬儀と同じで、お通夜・葬儀・出棺・火葬の順に行われます。縛りがないのでお通夜と葬儀を一緒にするケースもあります。その方が参列する人や家族の負担が減ります。

自由度が高いので、祭壇の飾り方を好きなようにしたり、僧侶を呼ばない葬式もできます。旅立つときには自分の好きなようにしたいと思いませんか。好きなようにアレンジできるのが家族葬の魅力でもあります。

バラのような華美な花はタブーとされていますが、バラが好きならバラで祭壇を飾ることができます。僧侶にお経をあげてもらわず、好きな曲を流すこともできます。ロックが好きなら、お葬式にロックを流してもよいのです。その人らしさが出る葬儀です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です