家族葬をすることで、喜ばれる?

父が亡くなってお葬式を家族葬で済ませました。

もともと、父自身も派手な葬式を行うこと自体反対の人でしたし、

残された家族としても、同様の考え方でしたから、親戚2家族を含めた3家族のみで

簡潔にすませました。

そのため葬儀費用も比較的少額ですみましたし、世間的な対面もありませんから、

父本人が喜ぶだろうなと思う、ちょっと型破りな遺影等にできました。

そういう意味では家族が納得するお葬式ができたことに満足しています。



一方で、葬儀が終わった後に父の関係者へ手紙で亡くなった旨を通知しました。

その中の一軒から言われたこと。

「団地のみなが先例をつくって、ありがたいと思っている」

ということでした。

実家は田舎に存在するので、隣近所も葬式に参列するのが当たり前の世界です。

しかしながら、当方が家族でやってしまったため、時間を取られずに済んだこと。

また、私たち家族同様に昔ながらの派手な葬式は好まないという考え方の人も多く

存在するらしく、そういった方々から喜ばれたようです。



お葬式自体も、昔とはだいぶ様相が変わってきました。

そういった意味で家族葬という形がシンプルでどんどん普及していく形のように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です