大切な人の葬儀に参列して少し落ち着いた心

先日、大切な人の葬儀に参列してきました。

なかなか現実を受け入れたくはありあせんでしたが、葬儀に参加してから少しだけ気持ちも落ち着いてきたんです。

もともとあまり大切な人と会う機会もなくなっていたのですが、心のどこかではずっと元気でいてくれる、と信じていたんです。

人間、命があるものですからいつかは終わりの時が来るのを、私は想像もしていなかったんですよね。

永遠があるって信じ続けてきた結果、会う機会を失ってしまったのです。

でも最後にこうしてきちんと顔を見ることができたので、ちょっとだけほっとしています。

非常におおらかで優しい人でしたので、多くの友人や知人に恵まれて参列者の数も多かったのが非常に印象的でした。


葬儀が終わったからといってもそれだけで済ませるのではなく、今後も定期的にお墓参りに行きたいです。

なるべく頻繁に通いたいとは考えているものの、どうしても仕事が忙しく休みが自由に取れません。

ただ、個人のことを思い浮かべて手を合わせるだけでも供養になると思うのです。

心の中では永遠に生き続けていますので、私も悔いのないように自分の人生を生きていけたらと考えています。

J-bodyという三軒茶屋の整体屋さんはおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です