大叔父の葬儀で思ったこと

つい先日、祖母の弟が他界しました。

もともとは、とても仲の良い兄弟だったらしいのですが大人になってから上手く行かなくなってしまったそうで、近年では会うこともなく連絡すらしないような間柄になっていたようです。

葬儀は本当に身内だけで行われたとても質素なものでしたが、足の悪い祖母は歩くことが出来ませんので、私の両親と私が代わりに参列しました。

大叔父は、最期のほうはボケていたようですがしきりに姉に会いたいと言っていたそうです。

それを聞いて、生前に仲直りできなかったこと、きっと後悔していたんだろうなと思いました。

なんか、とても寂しく悲しい気持ちでいっぱいになってしまいました。

私はほとんど面識が無いのですが、親族の葬儀というのはなぜか不思議で、どれほど遠い血縁であってもどこか血の繋りを感じるような気がしてとても悲しくなってしまいました。

本当は生きているうちに、祖母と大叔父は仲直りできたらよかったのになあと思いました。

現世では、身内に人たちに迷惑をかけた人らしいので、天国では真面目になってほしいなと思いました。

足の悪い祖母を見守ってほしいと思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です