家族葬のための準備

家族葬をする方が増えてきていますが、まだまだ一般的とは言えません。そのため、家族葬をしたいと思っても遺族に伝えていなければ家族葬を行ってもらえません。日本では死について語ることがタブー視されていますが、死後のことを考えるのも大切なことです。存命中に家族に伝えておきましょう。

その他に家族葬をするために準備しておきたいことがあります。

まずは、列席を希望する範囲です。友人・知人、いとこなどの範囲を決めておきます。氏名を特定するのもよいです。

家族葬は自由度が高い葬儀です。お花は必要なのか、飾るならどんな花がいいのか決めましょう。一般的には白い花を飾りますが、家族葬ではバラのような派手な花でも可能です。

僧侶にお経をあげてもらわず、好きな曲を流すこともできます。僧侶を読んでほしいのか、曲を流すならどんな曲がいいのか決めます。

戒名は必ずしも必要ではありません。必要なければいらない旨を伝えておきます。自分で戒名をつけることもできるので、考えておくのもよいでしょう。



何もしていなければ家族葬を行ってもらえません。存命中に準備をしておきましょう。

銀座でイタリアンのランチなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です